ホーム概要イベントメディアご案内
アクセスリンク  

     
   昭和3年に建てられた旧駅舎は栃木市のシンボルとして永きに渡り市民に親しまれてきました。しかし、平成13年2月栃木市より、駅周辺の高架事業に伴い旧駅舎の将来にわたっての保存が危ぶまれるとの発表がなされ、その後、署名運動によって約4,700名の署名が集まり当事業の大きな原動力となりました。移築するにあたって「生まれ変わった駅舎を是非もう一度未来に向けて活躍させたい」との思いから<魔方陣スーパーカーミュージアム>を併設しました。    
                       
                       
    縦・横・斜め それぞれのマスの合計がどれも同じになるという、古来よりあるパズルの  
  一種です。たとえば、下図のようなものです。  
     
  2 9 4   2 + 9 + 4=15     同じ数字を何度も使うのはルール違反です。
どの数字も1回しか使えません。
いってみれば、昔のひとのケータイゲームと
いったところでしょうか。
 
  7 5 3   4 + 3 + 8=15    
  6 1 8   2 + 5 + 8=15 …    
     
   最初は単にマスに数字を入れていって「よしできた!」といった感じだったのでしょうが、  
  時代を下るごとに数学にもとづいた作成方法が編みだされ、より複雑なものへと進化して  
  ゆきました。  
      これも魔方陣です。

X方向が幅、Y方向が奥行き、
Z方向が高さの階段状の立体
です。
 
  亀の甲羅の魔方陣 1 + 42 + 35 + 12 + 38 + 43 + 23 + 2=196  
  〈辻麻里子『太陽の国へ―22を超えてゆけ・U―』 3 + 22 + 44 + 39 + 11 + 34 + 41 + 2=196  
  (ナチュラル・スピリット)より〉 1 + 24 + 45 + 37 + 10 + 36 + 40 + 3=196 …  
     
  クルマを「魔方陣」に当てはめてみると、  
  縦は赤・青・黄といったクルマの色  
  横はフェラーリ・ポルシェ・ランボルギーニといった生産メーカー  
  斜めは1960年台・70年台といった製造年…  
  そんな風に見えてはきませんか?  
     
  そして、クルマの色・生産メーカー・製造年、それぞれの合計は  
  全て「スーパーカーミュージアム」という同じ答えとなるのです。  
     
  最初にクルマを「色」として眺め、  
  次にメーカーごとの特徴を見比べ、  
  今度は生産年代ごとの技術革新やデザインの移り変わりに目を向けてみる…  
     
  そんなクルマの楽しみ方を提案できたらという思いを込めて  
  当館を「魔方陣スーパーカーミュージアム」と名づけました。  
     
     
  館長  
     
     
  【運営】NPO法人 ToSCA(トスカ)  
    (旧栃木駅舎保存会)  
    〒328-0124  
      栃木県栃木市野中町553  
      TEL :0282-20-5521  
      FAX :0282-23-4403  
      Mail:info@mahoujin-lp400.jp  
         
                   
プライバシーポリシー・著作権